webinar register page

Webinar banner
正しい顧客理解が最高の顧客体験を生み出す ~ユーザートラッキングが難しい時代に備える~
Cookie規制、iOS15、GDPR、改正個人情報保護法などデータの取り扱いへの規制が強まる一方で、これまで通りの施策で良いのか、マーケターの皆様は頭を悩まされている事でしょう。しかし、そんな時だからこそ、これらをグロースする機会と捉え『顧客体験価値向上を目指す』ことで自社を成長させることができるのではないでしょうか。

今回のBest of Breedウェビナーは、先進的な統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームを提供するBrazeと「ユーザートラッキングが難しい時代だからこそ、最適なパーソナライズをして本質的な顧客体験価値を向上させる」をテーマに開催。

ユーザー行動分析、One to Oneエンゲージメント施策などさまざまな情報をお届けいたしますので、マーケティングマネージャー・販促責任者・プロダクトマネージャー・事業責任者の皆様ぜひご参加ください。


-------------------------------------
■開催概要​
正しい顧客理解が最高の顧客体験を生み出す
 ~ユーザートラッキングが難しい時代に備える~
日程:2021年12月1日(水)
時間:16:00-17:00
会場:オンライン​(zoomウェビナー)
参加:無料​(事前登録制)
 ※ご登録後のメールにWebinarURLが記載されております。

---------------
16:00 -16:35 各社講演
---------------
■ 株式会社DearOne グロースマーケティング部 赤木 一平太
『規制を機会と捉えよう~改めて考える顧客体験の重要性と実現手段~』
近年、個人情報保護の観点から様々な規制が進み、ユーザーデータの取得に苦慮するマーケターが多いのではないでしょうか。本質的な解決には、ユーザーに自身のデータを提供することによるメリット、すなわち体験価値の向上を実感してもらうことが欠かせないと考えます。本セッションでは、データを軸とした顧客の体験価値向上の視点で、グロースマーケティングの考え方やAmplitudeをご紹介します。

■ Braze株式会社 最高技術 & プロダクト責任者 新田 達也
『グロースを意識した顧客エンゲージメント手法とそれを支えるBrazeのご紹介』
顧客エンゲージメントは顧客体験価値を高めるものではありますが、それで終わりではありません。グロースゴールを定め、それに向けた体験価値を向上させることがポイントとなってきます。本セッションでは、Brazeのソリューションをご説明しながら、顧客体験価値を向上させる仕組みについてご紹介します。

---------------
16:35-16:55 シナリオデモセッション
ここまでにご紹介した正しい顧客理解の概念を基に、では実際にはどの様にして「顧客体験価値向上」のシナリオや戦略を組み立てるのでしょうか?最適なOODAループのサイクルをアジャイルに回す具体的な手法を、実際のツール画面なども用いて施策別に詳しくデモンストレーションいたします。

---------------
16:55-17:00 Q & A
---------------
 ※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。​

■対象​
  ・規制が高まる時代の最適なマーケティング手法を活用したいマーケティング担当
  ・データ分析に興味のあるマーケティング担当者、データサイエンティスト
  ・グロースに興味のあるSaaSやサブスクのプロダクトマネージャー
  ・One to Oneマーケティングを始めたい事業会社

■主催
  株式会社DearOne/Braze株式会社

■事務局
  webinar@dearone.io

-------------------------------------
<注意事項など>​
※ご視聴には、事前にzoom5.0以上(無料アプリ・最新版)が必要です。事前に動作確認をお願い致します。
※ビジネスセミナーにつき、ご登録は会社のメールアドレスにてお願い致します。
※当社判断により個人メールアドレス、フリーランスや競合他社など、一部の方の参加をお断りさせていただく場合がございます。
※必ずご参加者ご自身でのお申し込みをお願いいたします。
-------------------------------------

Dec 1, 2021 04:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: 株式会社DearOne Webinar事務局.